住宅ローンで地獄を見ないためのケーススタディをお願いします

住宅ローンで地獄を見ないためのケーススタディをお願いします

一生で一番大きな買い物である住宅。結婚後順調に子どもにも恵まれ、機は熟したなどと勝手に喜んでいます。無理のない計画はもちろん絶対の条件ですが、子どもが大きくなったときのことを考えると少しでも良いものをとも思ってしまいます。現在支払っている家賃をベースに考えるようにと試算していますが、住宅ローンの落とし穴にハマってしまったという先輩もいて不安も残ります。そのような地獄を見ないためのケーススタディをしていただけますか?

住宅ローンも借金の一つですから、より慎重な計画が大切です

「今お支払いの家賃程度のご負担でご購入頂けます」と目立つように書かれた不動産のチラシをあちこちで見かけます。確かに毎月支払っている家賃を住宅ローンに当てるものとして計算すればローンの組方によっては相当の金額のローンが可能なようです。試しに計算しても小さな家であれば十分射程圏に入ってきます。それならば、なぜ住宅ローンで地獄を見たという人たちが少なからずいるのでしょうか。

これには隠れた秘密があるのです。賃貸住宅の場合には大家さんが分担していた諸経費のすべてが持ち家になった途端逃げられない支払いとして立ち現れてくるのです。まずは建物の維持管理費。賃貸住宅であれば管理費とか維持費とかという名目で支払っているものです。そして税金。固定資産税という課税を考慮に入れなければこれを払うのは相当の負担になってのしかかってくるでしょう。

そして長期間にわたるローン返済は家賃とは違ったプレッシャーを持っています。家賃とは違って住宅ローンは人質を取られているのと同じ心理状況になっているからです。つまり支払えなければ即刻行き詰まってしまうということなのです。また短期間のローンより比較にならないほど長期間にわたるローンは心理的に負担が大きい事が知られています。

毎月の住宅ローンの返済以外に維持管理費の負担、そして固定資産税。ボーナスを支払いに充てるつもりで算段していたとしたら、辛いことになりがちなのも忘れてはいけません。一般的に余り認識されていないようですが、ボーナスは各企業の業績に合わせて支給される業績報酬なのです。固定的に収入として入ってくる給与とは性質がことなります。ですからボーナス払いとは不定の収入を当てにして固定の支払いを約束するようなもの。

ここにあげたリスクはあくまでも予測可能なものに過ぎません。それ以外に社会的情勢によって影響を受ける要素が多くあります。お子さんの教育費は将来にわたって固定的な予測を許し計算可能な出費でしょうか。入院加療が必要となるような病気はありえないのでしょうか。

これらのリスクをカバーするための保険が必要ですか?それならば不確実なリスクを固定的な支払いに置き換えているわけです。これらのこともまた毎月の家計を大きく圧迫することになるのです。固定的な支払いの方が不確実なリスクを背負っているよりも遥かに気が楽になることは、確かにその通りです。

しかし、これらの経費とローンの支払いとを合算すると恐らく、現在の家賃負担とは比べ物にならない金額になってくるはずなのです。そして住宅を所有した直後からこれらの悲劇は始まるのです。毎月の支払いが家計をしている上なればこそ、今まで気に留めなかった小さな支払いが予定外に発生してもその影響は考えられないほど大きくなってしまうモノ。

住宅ローンを現在の家賃支払いをベースに設計して、支払いにボーナス払いを組込んでしまい、そこに予定外の出産や収入減少が発生するというのが住宅ローン地獄への典型的なパターンになっています。これらの最初の原因は住宅ローンが借金だという認識が不足している事にあるのかも知れません。

住宅ローンの返済の地獄から逃れるためには

念願のマイホームは購入するのに莫大な資金がかかり、とても現金で一括で購入できる買い物にはなりません。マイホームを持つならそれなりの返済計画をしっかり立ててのぞみたいものです。月々の住宅ローンが発生する際に毎月いくらくらいで返済を行うか、返済期間はどれぐらいまでの期間を設定しておくかは非常に大切です。

もちろん返済期間は短い方が気持ちは楽ではありますが、期間を短くすることで月々の返済額は高くなり、返済額が高くなったらいつかはローンの返済が困難な時がやってくるかも知れません。マイホームを持つという事は同居する家族全員の生活にかかる費用もそれなりにありますので、月々のかかる費用は住宅ローンにあてることが難しくなるほどの出費もありうるでしょう。
ローンの返済が難しい状況になりだすと、地獄のような返済のやりくりの日々に追われてしまう状況も考えられるかも知れませんが、手持ちの資金がなくなってしまったら返済が出来ないというわけではありません。こうした状況になったら借入も視野に入れることで返済に追われることで地獄にならずに済むでしょう。

借入に関しては金融機関からのキャッシングなどがあります。申し込みをしたら設定をした口座にすぐにお金が振り込まれます。返済の方法も色々選べて、翌月に一括で返済する方法もあれば、リボ払いと言って借入した金額を一定の期間で均等な額にして月々の返済を行う方法もあります。またボーナスを利用した返済も取り入れることが可能です。
キャッシングを利用することで、現在手持ちの資金がない状況での返済に大いに役立てることが出来ます。利用する目安は自分の資金はありながら、ローン返済には額が足りないといった状況で利用を行うのが良いでしょう。少しの借入でローン返済が間に合えば毎月の返済の中で、苦しい時に利用することが望ましいです。もちろん借入れたキャッシュも自分に無理のない返済計画を立てるようにしましょう。