借金の悩みの相談は、どうしてもつれるのか

キャッシングベスト3

借金の悩みは相談する事が難しい。どうしてこんなにもつれるのか

借金の返済に随分期間がかかっています。その間、生活が逼迫することもあり、苦労が重なりました。でも回りに相談することにはまったく別の難しさを感じます。お金の話であるというだけでなかなかまともに話を聞いてもらえず、いきなり説教されることがほとんどで友人関係すらそれっきりということにもなりかねません。どうしてこんなにもつれてしまうのでしょうか。

キャッシングは如何に賢く利用できるかが重要なポイントです

借金の問題を誰かに相談しようとすると必ずぎくしゃくします。このことはご相談者のおっしゃっている通りだと思います。このことには様々に原因が考えられますが、一般論としては借金が道徳的な行為ではないと認識されている通念によるものだといえないでしょうか。

特に日本社会では辛抱我慢は美徳の一つとして捉えられがちです。つまり借金をする人は自分の欲望に押し切られて道徳を犯した意思の弱い人間だという理解をされてしまいがちなのでしょう。それ故に借金の相談をしたい人たちもまたあれこれと借金の言い訳を積み重ね自分の判断の弁護から話をすることになるのではありませんか。

辛抱我慢が美徳であるという理解を裏返せば、誰も金銭的に余裕のある生活・人生は送っていないのであって辛抱や我慢と戦い続けているという合意が見え隠れします。だから相談に乗ってくれようとする人たちはあたかも優越する勝利者のような眼差しを敗北者なる相談者に向けているようにも見えてしまいます。

しかし、余裕のない生活を強いられる現代社会であればこそ、予測して回避できない出費があり、それが重なるという不幸が生まれるのではないかと思うのです。つまり現代社会に於いて借金するということは逃れることのできない事実であってそれゆえにむしろ、如何に賢くキャッシングを利用するかが大切な心得えだということになるように思うのですが如何でしょうか。

さて、借金の問題の現状は未だ合理的な理解だけで閉じる事は難しく、人格的領域にまで問題を拡大しがちであるということになります。このことはですから人間関係が心情によるものであればあるほど、つまり近い関係の人に相談しようとするほどダメージが大きくなる危険を示唆します。

事実、夫婦間で内緒にしていた借金がばれたときは悲惨な結末を迎えることにもなるそうです。一家のご主人が内緒で借金をしていた時、逆に奥さんがご主人に内緒で借金をしていた場合がもめ事として一番厄介になるのはお互いが一番信頼すべき関係にあることと無関係ではないでしょう。

借金に心情的になっても解決の方法はないでしょう。一時的なキャッシング利用ならむしろ建設的な問題解決の手段として有効である事が知られています。問題は借金と本来呼ぶべき状況であって、キャッシングというレベルのものではないのです。心情的な問題は別物として扱って現状を改善する事に合理的判断を下すことが大切です。

ですから身内等の親密な関係にある人に相談するよりも、冷静な立場から合理的な判断が可能な第三者に相談することがより相応しいことだと考えられます。例えば弁護士事務所、公認会計士さんやあるいは都道府県の自治体による行政機関が設置している相談窓口などであれば、そのような相談に冷静に対応してくれることが期待できるでしょう。

そして冷静に合理化した状況を立て直して健全化することが肝要です。その際にはさらなる借金ではなく、計画性をもったキャッシングを合理的に活用する必要も出てくるかも知れません。でもご安心いただけることに、全国にある消費者金融はそのような合理的・計画的なキャッシングを通じて貢献しているのです。

借金の悩みは専門家に相談をするのが良いです

借金の悩みと言っても、ただ愚痴を聞いて欲しいだけなら友達に聞いて貰えば良いでしょう。しかし、返済が滞りそうな状態になったのなら、やはり専門家に相談をするのが良いです。解決するためには専門的な知識が必要となってくるのです。では、借金に関する専門家とはどういった人なのでしょうか。弁護士や司法書士の中で金融を専門に扱っている人がこれに当たります。

弁護士や司法書士なら誰でも良いというわけではありません。弁護士も司法書士も得意分野と不得意分野がありますから、借金に関する事例を得意としている人を探さなければならないのです。法律事務所の場合にも、やはり得意としている法律事務所を探すことが必要でしょう。

借金については、解決する方法はいくつかありますが、交渉が必要になるものもあります。金融機関側と交渉をしなければならない場合に、素人では難しいこともあるのです。経験豊かなプロが交渉に当たってくれるほうがスムーズなのです。この意味でも専門家は必要となってきます。

具体的にはどのような方法で解決できるのかというと、まず過払い金が発生していれば返還請求が行われます。長期間借りている場合には、過払い金で完済できる事もあります。次に任意整理が行われます。弁護士や司法書士が金融機関と交渉をし、債務の減額や将来利息のカットなどで話がまとまることもあるのです。この段階で解決すれば良いのですが、解決しなければ法的な手段に出なければなりません。

借金の悩みを解決する法的手段は二つあって、自己破産は非常に有名でしょう。最終的には自己破産をしなければならないこともあります。住宅ローンを組んでマイホームを購入し、そして現在も住宅ローンを返済中なのであれば、個人民事再生という方法をとることもできます。法的な力を借りて解決する方法としてこの二つが基本的なものとなってきます。

どの手段が良いのかも含めて、法律の専門家に悩みを聞いて貰うのが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 「エイワ」で借りる前に!このカードローン会社に申し込もう! All Rights Reserved.