国債債券市場にて資金調達を行う利率や条件

国庫債券によって集まった資金はあらゆるものに財源として使用されています。
これは、ニュースなどで目にする機会もあるかと思いますのでご存知の方も多いでしょう。
しかしこの資金用途はいくつかに分類されていることをご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、その分類について見ていきましょう。

いくつかの国庫債券が存在している。

資金用途によって、「建設」「特例」「借換」という国庫債券に分類されます。
一番イメージが着きやすいのが「建設」でしょう。
主として公共事業の財源となるのです。

改めて発行の定めを見てみよう

もともと、国庫債券というものは法律にある「財源法第四条」によって、公共事業などの財源確保のために発足するよう記されているのです。
ですから、公共事業によって景気を測るためにはこの建設分野の国庫債券を発行する必要があるというわけです。

そして「特例」の国庫債券については、公共事業「意外」の一般財源の不足を補うために発行されている国庫債券です。

この中において「赤字」と呼ばれる国庫債券は単年度立法に基づいて発行されている国庫債券のことをいいます。

赤字国庫債券が特例であるわけとは

なぜ赤字国庫債券のみが特例なのだろうという方もいらっしゃるでしょう。
その理由としては「国の歳出は、交際または借入金以外の歳入を以て、その財源としてはならない」という財政法によって定められているためなのです。

大型減税による歳入の不足を補うために、赤字国庫交際は94年度より再び発行しているのです。

利率などの条件について

建設・赤字などの国庫債券はどのような用途であっても国庫債券の種類であることには間違いがありません。
ですから、利率などの条件においても同様となっています。

借換国庫債券について

償還の財源の確保のために発行されており、借金である国庫債券の返済と共に再び借り入れるという事を指します。
建設・赤字とも、その償還は60年償還ルールにより、その期間内で全額を償還することとなっているのです。

さまざまな分野で使われている

国庫債券はいくつかに分類することができ、さらにはそれらはあらゆる分野において財源として使われているのです。
発行の根拠によって分類されたそれぞれについて知っておくのもまた有効的なことといえるでしょう。