国債における価格の決まり方と利回りとは

国債を金融商品として考えた時、その価格や利回りという部分について気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は価格や利回りについての詳細を見ていきたいと思います。
いったいどのようなシステムなのでしょうか。

国庫債券の価格とは

国庫債券の価格ですが、発行から償還までの流れの中で、常に変化するものなのです。
換金は満期以前でも可能ではありますが、その際における売却価格は「時価」となっています。
このことでお分かりかと思いますが、売却価格は必ずしも購入時よりも高いというわけではないのです。

固定利付型について

国庫債券の中でも「固定利付型」の国庫債券は、確定利付の金融商品です。
ですから、発行時の利率が満期まで「変わらず」に支払われ続けます。
利率のことを別名「表面利率」などと言われることもあります。

国庫債券の価格の変動は利回りの変動に大きく影響をもたらしているのです。
なお、利回りは利率とは異なったものです。

利回りの計算について

額面に対して1年毎に受け取り可能な利息割合が「利率」です。
購入価格に対する利息と償還時の差損益の合計したものの割合を1年に換算したものが「利回り」なのです。
では、この利回りの計算式について見ていきましょう。

償還までの期間「1年」・年利「1%」・額面100円・購入価格100円という分かりやすい形で計算をしてみましょう。

この場合、債券の価格は額面100円で表し、炭化にすることとなり利回りは1%となるでしょう。
次に、購入価格が100円20銭という際には、同じように計算をすると利回りは0.798%ということになります。

こうしてみていただいてお分かりになられる方も多いと思いますが、国庫債券の価格と利回りは、「価格が上がれば利回りが下がる」・「価格が下がれば利回りが上がる」という事がいえるのです。

よく耳にする「長期金利」は国庫債券の利率ではなく「利回り」のほうを指した言葉となっています。

価格と利回りについて

国庫債券にまつわり価格と利回りという事柄について今回は触れていきました。
それぞれの用語についてや計算についてなど基本的な部分を抑えておくとさらに知識を広めやすいのではないでしょうか。
まず、先のような部分を抑えておくことで金利などについてもさらに分かりやすくなるかとも思います。