債券と国債の仕組みや違いを理解する

債券と呼ばれるものが日本国の中にもたくさん存在していることはご存知の方も多いでしょう。
その中の1種類として国債が存在しているのですが、今回はそのほかの債券とどのように区別化がなされているのかという部分について考えて生きましょう。

多種類ある債券

先にも触れたように、債券には多くのものが存在しています。
分類方法についてもいくつかあるのですが、ここでは最も一般的な分類方法である「発行体による分類」について以下、触れていきましょう。

地方債と社債

日本が発行している債券が国庫債券・地方公共団体が発行している債券が地方債・民間企業の発行債券が社債という分類となっています。
債券は、公共債と社債を組み合わせて「公社債」などと呼ばれることもあるでしょう。
公共債は債券の総称と覚えておくと良いでしょう。

地方債の詳細

地方債には例えば東京都債や大阪市債などがあります。
不特定多数の人を対象に発行している「公募債」と、その逆である特定の関係者のみが対象となる「非公募債」に分けられています。
この公募債は合計28自治体で発行されており、個人の購入も可能となっています。

特別債は、特別の法律で作られた政府関係の機関によって発行された債券なのです。
国庫債券に準する安全性をもっており、万が一のときに国が発行者に代わり支払いをするのです。

社債の詳細

民間事業会社の発行債券であり、別名「事業債」などと呼ばれることもあります。
特別な法律によって、金融機関が発行している債券を「金融債」とも余憤で居ます。

金融債が発行できる期間は「長期信用金庫」「農林中央金庫」「商工組合中央金庫」「東京三菱UFJ銀行」となっています。
上記以外の金融機関の発行債券は「普通債券」としてカテゴライズされます。
これまで、銀行においては普通社債の発行は不可能であると定められていたのですが、「金融バッグバン」によって発行が可能となったのです。

債券の種類について知る

債券についても国庫債券ばかりではなく多種類存在していますので、少しずつ認識を広げていくとよいでしょう。
特に上記のものたちに関しては耳に・目にする機会も多いと思いますので知っておくと便利かと思いますので参考にしてください。